cate03
cate03
  • ラーメン屋めぐり
  • 「ラーメンといえば池袋」と言っても過言ではないほど、都内でも有数のラーメン激戦区である池袋。中でも創業50年の老舗『大勝軒』は、全国的にもその名を轟かしています。つけめんの元祖「特製もりそば」はあまりにも有名で、東池袋「大勝軒」の山岸一雄が考案したと言われています。他にも『蒙古タンメン中本 西池袋店』や『屯ちん池袋本店 』、『無敵屋』、『光麺池袋本店 』、『ドリルマン 』など本店や行列のできるお店が多数。実力派の味が楽しめます。
  • ×
cate01
cate01
  • 電気街
  • 池袋は、今や都内有数の家電製品激戦区とも言われ、数多くの家電量販店がひしめき合っています。日本を代表する家電量販店のひとつでもある『ビックカメラ』の本店をはじめ、池袋と家電量販店との結びつきは深いと言われています。駅の東・西口前には老舗の「ビックカメラ」が計5店舗建ち、「ヤマダ電機」が開店し2店舗体制に。どちらも一日中いても飽きない店舗が売りなだけあり、お得な買い物を存分に楽しめます。
  • ×
cate02
cate02
  • ふくろう
  • 豊島区制施行70周年を記念して、世界中の若い美術家のデザインしたふくろう像を48体作ることを目標としているのが「梟の樹を創る会」。池袋には現在、会によるモニュメントや像などの梟が25体設置されています。宝探しの感覚で街の散策を楽しんでみてはいかがでしょう。元々フクロウは「不苦労」などと縁起のよい当て字が充てられ、縁起物として愛されている。池袋でも街のシンボルとして掲げており、駅構内や街中の至る所でフクロウの姿が確認できます。
  • ×
cate05
cate05
  • 雑司ヶ谷 鬼子母神
  • 江戸時代前期より、子授け、子育ての神様として広く信仰を集め、人々に親しまれて現在に至る『鬼子母神堂』は、東京都重要文化財に指定されており、法明寺の飛地境内にあります。開創から約1200年、現在の威光山法明寺に寺号を改めてからも約700年という長い歴史を誇ります。JR池袋駅東口より南へ約20分くらいのところにあるため、散歩にも最適。境内の大イチョウ、参道のケヤキ並木も東京都の天然記念物として指定されています。
  • ×
cate01
cate01
  • 池袋演芸場
  • JR池袋駅西口から徒歩3分にある落語、漫才などを、息づかいを感じことができる近さで見る寄席。都内に4軒ある落語定席の一つでもあります。他の寄席と比べ、芸人さんの持ち時間が長いことなどから、落語そのものをじっくり楽しむことができると、最もマニアが集まるとも言われています。もちろん、初心者でも日本の伝統芸能を気軽に大都会で楽しめます。
  • ×
cate03
cate03
  • 池袋防災館
  • 備えあれば憂いなし。楽しみながら防災体験をして、防災に対する正しい知識を学ぶことのできる施設。日に3回開催されている防災体験ツアーでは、地震・消火・煙・救急・防災ビデオ鑑賞の5つのコーナーから4つを選び、の4コーナーを約2時間の防災ツアーをインストラクターが案内してくれます。ホテルメトロポリタンから徒歩1分にある消防署内併設型施設で、大切な命を災害から守るノウハウを無料で学ぶことができる貴重な防災館。ツアーを体験する場合には事前に予約を忘れずに。
  • ×
cate03
cate03
  • 水族館
  • 1978年10月に開館されてから、日本初の都市型水族館として親しまれてきた『サンシャイン水族館』。「天空のオアシス」をコンセプトに2011年8月にリニューアルオープンされ、さらなる進化を遂げています。特に必見なのは、屋外にあるアシカの水槽。日本初の「ドーナツ型水槽」で、人々の頭上を楽しそうに泳ぐ様を見ていると、一瞬にしてここが東京のど真ん中であることを忘れさせてくれます。
  • ×
cate04
cate04
  • ふくろ祭り・フラフェスタ・ジャズ・フェスティバル
  • 豊島区では豊島区民が誇るお祭りやイベントが数多く開催されている。昭和43年に池袋西口の4商店会が中心となって始まった『ふくろ祭り』(9・10月)。ハワイアンの世界をたっぷり満喫できる『東京フラフェスタ in池袋』(7月)は、池袋西口商店街連合会が主催で始まりました。また、町中がジャズサウンドで溢れる『池袋ジャズ・フェスティバル』(5月)は、池袋西口公園をはじめとする各会場で、西一番街、タワーグランディア前など、いずれも屋外でジャズの生演奏が行われます。池袋の街全体で楽しめるのが特徴。
  • ×
cate05
cate05
  • 染井通り
  • 豊島区駒込は江戸時代に園芸の里として発達し、染井通りの一帯は植木職人が集まって住んでいた地域。「ソメイヨシノ」は、染井の地から全国に広まっていきました。開花時期には美しい「ソメイヨシノ」をご覧いただけるおすすめの散策エリアです。
  • ×
cate04
cate04
  • 東京芸術劇場
  • 世界最大級のパイプオルガンが設置されており、1990年に開館した総合芸術文化施設。主に演劇、舞踊、クラシック・オペラコンサート、バレエなどあらゆる芸術講演が開催されています。池袋駅直結で、池袋西口公園の隣にそびえ立つその外観は独特で、訪れる方々を魅了しています。館内は広々としていて、カフェやショップもあるため、観賞などの目的以外でもシックな空間でゆったりくつろげるのも嬉しいポイント。
  • ×
cate04
cate04
  • 乙女ロード
  • 日本最大のトータルアニメ・コミックショップで、全国に100店舗以上をチェーン展開する『アニメイト』の本店。アニメ・コミック・ゲーム関連商品の販売店である『アニメイト』でしか買えないアイテムも多々あり、アニメのモノなら何でも揃うアニメ専門店。国内はもちろん、各国のアニメファンもわざわざ足を運ぶほど、マニアからも広く愛されています。
  • ×
cate02
cate02
  • 都電荒川線
  • 都内に唯一残った路面電車で、早稲田停留場から三ノ輪橋停留場までを結ぶ東京都電車。昭和18年には41系統もの路線が走っていた都電は、交通の発達ともに減少し、現在ではこの『都電荒川線』1線に。都電ファンだけではなく、地元の人たちの足としても定着しており、愛され続けています。一部の都電ホームには居酒屋や甘味処があるなど、通常の電車とは一線を画すのも特徴的。下町の風情を楽しみながら、気軽にぶらり旅も。
  • ×
cate05
cate05
  • ジュンク堂池袋本店
  • 池袋本店の売り場面積は世界最大級の2000坪。「充実した品揃え」に重きを置き、どの分野の書籍も満遍なく置かれているのが特徴的な『ジュンク堂』。創業当時から一環して"本"にこだわり続けてきただけあり、どの分野の書籍も満遍なく品揃えがあり、欲しい書籍が必ず見つかると言われています。計算し尽くされた雰囲気やレイアウトの書店なので、思わず長居してしまいそう。
  • ×
cate05
cate05
  • 巣鴨とげぬき地蔵
  • 自身の治癒したい部分に相応する観音像の部分を洗う、または濡れタオルで拭いて祈願する「洗い観音」で有名な「高岩寺」は、『とげぬき地蔵』の名で広く親しまれ、あらゆるトゲを抜いてくれると、大勢の人が参詣に訪れています。本堂は国の登録有形文化財に登録されています。巣鴨地蔵通り商店街の入口を抜けるとすぐ右手に位置し、お参りの帰りに商店街での甘味処、食事処も楽しみのひとつ。
  • ×
cate02
cate02
  • 自由学園明日館
  • 20世紀を代表する建築家の一人で、近代建築の三大巨匠と賞されるフランク・ロイド・ライト氏設計の重要文化財である『自由学園明日館』。1997年に国の重要文化財に指定されています。正面の芝生や、緑色の屋根などが異国の地の様な佇まいで、内部は、少し移動すると眺めが変わる“空間づくりの魔術師”ライトのマジックが施されています。秀逸な空間で、ゆったりとした静かな時間を過ごすのも粋。
  • ×
cate05
cate05
  • プラネタリウム
  • 「星空をとことん楽しむ」をコンセプトに、既存のプラネタリウムの概念を斬新に覆してくれます。臨場感あふれる星空とCG映像、7.1chのサラウンド音響システム、アロマの香りの出る演出など大人のための新感覚プラネタリウムを体験。都心で気軽に訪れることができるデートスポットとしても人気で、毎日複数の作品が上映され、好きな番組を選択して見ることができます。
  • ×
cate04
cate04
  • ショッピング
  • 東武百貨店池袋本店や西武百貨店池袋本店、ルミネ池袋店、エソラ・エチカ池袋、マルイシティ池袋、池袋PARCO、東急 ハンズ池袋店等、ホテルメトロポリタンの周辺には、ファッションデパートや百貨店が数多く存在します。一日では見きれないほどの数多くのショップには老若男女が集い、いつでも賑わいのある池袋をお楽しみいただけます。
  • ×
cate04
cate04
  • トキワ荘通りお休み処
  • 日本中に名をとどろかせる多くのマンガ家が生活していたアパート「トキワ荘」。解体されて現在は残っていませんが、跡地にはモニュメント、トキワ荘通りには記念碑や再現した部屋やトキワ荘に関連した漫画に触れることができる「豊島区トキワ荘通りお休み処」など散策してみてはいかがでしょうか。
  • ×
cate04
cate04
  • 立教大学
  • 立教大学は1874年の創立以来、幅広い知識と教養、総合的な判断力と優れた人間性を養うリベラルアーツを教育の柱に、グローバルに活躍する人材を排出してきました。さまざまな可能性の扉が開かれた「自由の学府」です。
  • ×