CLOSE

ホテルメトロポリタン

  • ご予約・お問合せ 03-3980-1111
  • ホテルメトロポリタン
  • おもてなし
  • 宿泊
  • レストラン
  • ウエディング
  • 宴会・会議
  • 館内施設
  • アクセス

ご宿泊予約

ホテルメトロポリタン

ご宿泊ご宿泊

【国立能楽堂】能楽鑑賞とバックステージ見学ツアー付 宿泊プラン

【国立能楽堂】能楽鑑賞とバックステージ見学ツアー付 宿泊プラン

  • 【国立能楽堂】能楽鑑賞とバックステージ見学ツアー付 宿泊プラン
  • 【国立能楽堂】能楽鑑賞とバックステージ見学ツアー付 宿泊プラン
  • 【国立能楽堂】能楽鑑賞とバックステージ見学ツアー付 宿泊プラン
  • 【国立能楽堂】能楽鑑賞とバックステージ見学ツアー付 宿泊プラン
  • カップル・夫婦
  • 観光・レジャー
  • 期間限定
  • Wi-Fi
  • おすすめ

日本の伝統芸能である能楽の鑑賞と普段見ることができない国立能楽堂研修能舞台など舞台裏見学ツアー、国立能楽堂限定グッズ、ホテルオリジナル手ぬぐいが宿泊がセットになったプランです。

2018年2月7日(水)・2月10日(土)・2月16日(金)・2月28日(水)の4日間が宿泊対象日です。

【特典】

① 国立能楽堂 舞台裏の見学ツアー(昼公演午後12時~12時45分、夜公演午後5時30分~6時15分)

② 国立能楽堂での能楽鑑賞

③ 国立能楽堂限定グッズをプレゼント

④ ホテルオリジナルグッズ(手ぬぐい)をプレゼント

■公演■
※公演スケジュールは下記の通りです。尚、宿泊対象日と公演日は同じ日になります。

劇場:国立能楽堂

2018年2月7日(水)  午後1時    2月定例公演 月刊特集・近代絵画と能  無布施経 頼政

狂言  無布施(ふせない)経(きょう)  野村万作(和泉流)【人間国宝】

<あらすじ>毎月の決まりで檀家へ祈祷に来た僧が読経を済ませ帰ろうとしますが、いつものお布施がでません。それとなく雑談や説法に事寄せ催促しますが・・・。

能  頼政(よりまさ)  塩津哲生(喜多流)

<あらすじ>平家に反旗を翻し、奮戦の末、平等院の芝の上で自害した頼政。法体(ほったい)(出家)の身に甲冑をまとった頼政の亡霊が、宇治川の合戦の有様を物語ります。川を挟んで対峙する平家の大軍、逆巻く川波に挑む果敢な進軍、そして老武者頼政の気概を描く、躍動感あふれる仕方話です。壮大な合戦絵巻と、亡びゆく者の悲しみに胸が熱くなります。

 

2018年2月10日(土)  午後1時    2月普及公演 月刊特集・近代絵画と能  棒縛 花筐

解説 能楽の楽しみ 小林健二

狂言  棒縛(ぼうしばり)  茂山宗彦(大蔵流)

<あらすじ>主人は、いつも自分が外出したすきに、二人の召使い、太郎冠者と次郎冠者が盗み酒をすることに気づき、ある日一計を案じ、次郎冠者の両腕を左右に広げたまま棒に縛り、太郎冠者を後ろ手に縛ってから外出します。残された二人は、やはり酒が飲みたくなり、苦心の結果、不自由な格好のまま大盃に酒をくみ、互いの口まで運んで飲むという、珍妙な酒盛りを始め、歌舞に興ずるところへ主人が帰宅し叱責されます。酒を題材に、日本古来の武芸の一つ棒術を配し、主従の対立を明るく描きます。

能  花筐(はながたみ) 武田志房(観世流)

<あらすじ> 男(お)大(お)迹(あとべ)皇子は皇位継承のため都に向かい、故郷の味真野に残した照(てる)日(ひ)の前に使者を送ります。使者から手紙と花筐(花籠)を受け取った照日の前は越前に帰郷します。皇子は即位し継体天皇となり、ある日紅葉狩に出かけ狂女に出会います。狂女の持つ花筐から狂女が照日の前であると気付いた帝は、以前のように仕えてほしいと頼み、一行は都に帰るのでした。

 

2018年2月16日(金) 午後6時30分   2月定例公演 月刊特集・近代絵画と能  痩松 熊野

狂言痩(やせ)松(まつ) 三宅右近(和泉流)

<あらすじ>山賊が山中で女を脅し、持ち物を奪い去ります。戦利品を見て喜んでいる隙に女に長刀を奪われてしまい・・・。

能 熊野(ゆや)  金剛永謹(金剛流・宗家)

<あらすじ>遠江池田の宿の熊野は、平宗盛に仕えて久しく都住まいでした。ある日国元から老母の重病の知らせが届きます。熊野は宗盛に暇を請いますが許されず、却って花見の共を命じられてしまいます。その花見の席上、折からの村雨に散る花を見て母の命が思いやられる熊野は、その気持ちを和歌にしたためます。そのあまりの哀れに宗盛は帰国を許し、熊野は飛び立つように東国へ帰るのでした。見せ場の多い華麗な能で、「熊野、松風に米の飯」と謳われ昔も今も人気の名作。

 

2018年2月28日(水) 午後6時30分   2月企画公演 近代絵画と能―水底の彼方から― 浦島 玉井

復曲狂言  浦島(うらしま) 野村又三郎

<あらすじ>浦島老人は孫が釣った亀を請い受け、海に放してやります。すると亀の精が海中から現れ、ふたをあけると若返るという箱を置いて波間に消えます。半信半疑でふたを取ると…不思議や不思議。箱からぱっと煙がたったと思うと、たちまち白髪は黒髪にかわり、老人は若い男となって大喜び。若者が老人になってしまう昔話の浦島太郎とは逆に、玉手箱によって若返るおめでたい内容。

能   玉井(たまのい)  梅若玄祥【人間国宝】・ 梅若紀彰

<あらすじ> 彦火々(ひこほほ)出(で)見(みの)尊(みこと)は、兄の火闌降(ほのすそりの)命(みこと)の釣針を魚に取られてしまい、剣をくずし針に作って返しましたが、もとの針を返せといって許してくれないので、海中に捜しに行きました。海の都に入ると、龍宮の門前に美しい井戸(玉井)があり桂の木の下にたたずんでいると、豊玉(とよたま)姫(ひめ)と妹の玉依姫(たまよりひめ)が水を汲みに来ます。二人は井戸の底に映る男の姿に気づき、理由を聞いて父母に逢わせ釣針をも尋ねようと、尊(みこと)を龍宮に案内します。尊は姫の父母の神に歓待され、ここにとどまり、瞬く間に三年の月日が経ちます。尊は陸に帰ることになり、姉妹の姫は潮(しお)満玉(みつたま)と潮干(しおひる)玉(たま)を捧げ、海神は釣針を探して捧げ、姫たちは舞〈天女の舞〉を舞い、海神も勇ましく舞い、尊を五丈の大鰐に乗せて送り、龍宮に帰ります。

観世流シテ方能楽師伶以野陽子(レイヤー)陽子先生による
「能楽体験レクチャー」午後5時30分~午後6時15分 国立能楽堂2階研修能舞台

能楽師の姿勢(立ち姿)から、先生と一緒に能舞台を歩く(摺り足)体験、面を実際に付ける面体験と盛りだくさん。当日の演目についても解り易く解説します。能楽初心者にもお楽しみ頂けます。

伶以野陽子(レイヤーようこ):現梅若玄祥師【人間国宝】に師事。内弟子入門を経て、シテ方観世流師範免許を取得。初シテは能「羽衣」。

※上記4公演の詳細は こちらをご覧ください。

■ご注意■
●国立能楽堂舞台裏の見学ツアーについては、2018年2月28日(水) 午後6時30分 2月企画公演のみ伶以野陽子(レイヤーようこ)先生による「能楽体験レクチャー」午後5時30分~午後6時15分 国立能楽堂2階研修能舞台があります。 その他の公演については国立能楽堂担当者がご案内いたします。
●舞台裏の見学ツアーは昼公演午後12時~12時45分、夜公演午後5時30分~6時15分になりますので開始時間までに国立能楽堂にお越しください。
●ご宿泊日は公演の当日になります。
●能楽鑑賞チケット、国立能楽堂限定グッズは国立能楽堂受付にてお渡しいたします。
●ホテルオリジナルグッズ(手ぬぐい)はホテルご到着時にフロントにてお渡しいたします。
●国立能楽堂まではお客様ご自身でお越しください。アクセスは こちらをご覧ください。
●本プランはクレジットカード決済限定プランです。

■Free Wi-Fi■
全客室でWi-Fi を無料でご利用いただけます。

■アクセス■
●JR池袋駅メトロポリタン改札より徒歩1分 (7:00a.m.~11:00p.m.)。
●池袋駅西口より徒歩3分。JR、東武東上線、西武池袋線、東京メトロ有楽町線・丸ノ内線・副都心線 各線がご利用いただけます。

■ご案内■
ご宿泊のお客さまは1泊1,500円で、チェックインの当日10時からチェックアウト日の18時まで駐車場をご利用いただけます。

◎下記のご予約・空き状況よりご予約いただけます。
※選択ボタンは素泊まりとなっていますが、料金には1泊の宿泊代金、舞台裏の見学ツアー、能楽鑑賞、
国立能楽堂限定グッズ、 ホテルオリジナルグッズ、税金、サービス料が含まれております。

【期間】
2018年2月7日(水 )・2月10日(土)・2月16日(金)・2月28日(水)の4日間が宿泊対象日です。
【料金】

¥33,000より

【客室】

禁煙・喫煙 デラックスツイン

注意事項・備考

【キャンセル料】
本プランのキャンセル料は次の通りです。予めご了承ください。

2018年2月7日の公演・・・ 12月16日以降 100%

2018年2月10日の公演・・・12月19日以降 100%

2018年2月16日の公演・・・12月25日以降 100%

2018年2月28日の公演・・・1月6日以降 100%

本プランはクレジットカード決済限定プランです。

ご宿泊代金にはサービス料・消費税・東京都宿泊税(宿泊料金が1人1泊1万円以上で宿泊する場合)が含まれております。

ご予約・空き状況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宿泊のご予約・お問い合わせ宿泊のご予約・お問い合わせ

03-3980-7600

ご予約・お問い合わせ

ページの先頭へ

チェックイン

ご宿泊日数

部屋数

一室あたりの人数

© Hotel Metropolitan Tokyo Ikebukuro All Rights Reserved.

宿泊プラン検索・予約

ご予約照会・キャンセル

JRホテルメンバーズ

ご宿泊予約